RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
インド旅行1 デリー
 インド1
羽田空港からバンコクを経由し始めてインドの町中に出た瞬間。
ニューデリー駅前の写真です。ドキドキの瞬間。

このあと安宿外として有名なメインバザール通り(駅を挟んですぐそこ)に向かうのですが、そこにたどり着くまでにどれだけの数に声をかけられたか。
わかりやすくバックパックをしょって気の弱そうな青年(僕)。駅前で旅行者を相手に商売している人たちにとってはかっこうのカモなのでしょう。
とにかくしつこく観光案内所にいけという人、宿の客引き、タクシーの運転手、ある意味インドの醍醐味をここで味わいました。


インド4
インドでは聖なる生き物「牛」、デリーは都会なのでノラ牛という感じではなかったのですが地方に行くと牛が道路の真ん中で休んでいたりする風景はよく目にしました。


インド3
中央分離帯で寝る人。
写真だと浮浪者風ですが、姿はヒンディーの修行僧のようでもある。なぞ。
けっこういろんな町で見かけました。こういう風景。
はじめはいろんなものが興味深く刺激的なのですが、2週間の旅行を終えて帰る頃には、その多くが自然になり、逆に、日本に帰ってきた後、日本の風景の方に違和感を感じる瞬間もありました。日本の電車はみんなマナーが良いけど自分の世界に没頭していてなんだか殺伐としていたり、飲食店のサービスがびっくりするほど丁寧だったり。

旅行の醍醐味ですね。

常識というものはせまい。国が変ればそこにはそこの常識があり、価値観がある。

そう考えたらいろいろだまされたり、カモにされたことなど良い経験だったな(今だから思えることだけど)と思います。

インド2

インドといえばこれ!
チャイ屋。
この一杯で5ルピー(8〜10円程度)
一日に7、8杯は飲んでました。
町中の至る所にあって、疲れたときや、こころが荒んだときの癒しスポット。
そういえば食べ物屋台やこのチャイ屋だけは値段交渉する必要がありませんでした。
砂糖とミルクといくつかのスパイスがたっぷり入った一杯、たっぷり歩いたあとに飲むとそれは美味しいです。また一杯が少ないので一息入れるついでに一杯!という感じでみんな飲んでいるのです。
このチャイ文化日本にもほしい。ちょっと一杯お茶でも、という感じで100円くらいでコーヒーや紅茶などをだす屋台とかあったらはやると思うんだけどな...はやっても一杯100円じゃもうけになんないのか...うーん。
とりあえず近々自宅でこのチャイ作ってみたいと思います。


author:長尾晃司, category:できごと, 23:23
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:23
-, -, pookmark
Comment
mixiから来ました。お久しぶりです!
インド行ってみたいけど、お腹が弱いから勇気が湧きません(´・_・`)
マヨネーズのCMの白い建物、寺院?とか見たいんだけど。続きの日記楽しみにしてまーす。
つだこ, 2012/03/04 10:07 AM
あら、ひさしぶり。
マヨネーズのCM?タージマハル的なやつかな?
またみてね!
ながお, 2012/03/07 8:08 PM









Trackback
url: http://irishguitar.jugem.jp/trackback/71